'."\n"; ?> Digital Finance|消費者金融に関するよく聞く・よく使われる用語
MENU

消費者金融用語集1

信販会社

クレジット会社のことで商品を先渡しし、後日代金を受け取る販売方法をとる会社のことを言います。

 

消費者金融

CD(現金自動支払機)などを利用して金銭そのものを貸し付ける金融のこと。
金利は比較的高いものの、アルバイトやパートなどでも安定した収入があれば手軽に借りられることなどから、急激に成長しています。他にも、スピード審査ができたり、短期無利息で借りれたりと多種多様なニーズに応える新サービスが登場しています。

 

目的別ローン

ある特定品目のために借りる使い道を限定したローンのことです。住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなど様々なタイプがあります。

 

フリーローン

目的別ローンに比べて使途を限定しないローンのこと。
モノやサービスを対象にした「販売信用」とカネそのものを融資する「消費者金融」とに分けることができます。
クレジットカードや消費者金融などがあります。

 

サラ金

サラリーマン金融の略で個人相手の無担保の金融のことを言います。
消費者金融などがこれに該当します。一般に高金利ですが、一定の収入があれば借りることができるなど融資条件が緩やかなのが特徴でしょう。

 

キャッシング

カードを使ってATMやCDから現金を引き出す形で行われる小口の融資のことです。
近年、直接口座へ借入金を振り込むタイプもキャッシングというようになり、金融機関から小口の融資を受けることを言う場合もあります。

 

クレジットカード

商品やサービスの決済をする個人の信用を元に発行したカードのことです。
代金の決済に現金の代わりに利用することができ、決められた利用限度額内で自由に買い物をすることが可能になります。
個人と販売店などとの間にクレジット会社が入り、クレジット会社が現金を立て替えた上で、後で個人が代金分を支払う仕組みとなっています。

 

ATM

現金自動預入支払機のことです。銀行などにおいて現金を引き出したり預金したりする場合に用いられます。
Asynchronous Transfer Modeの略。

 

Favorite


住宅ローン 離婚