'."\n"; ?> Digital Finance|消費者金融に関するよくある質問集
MENU

消費者金融のQ&A

消費者金融とはどんなものですか?
無担保で極めてスピーデかつ簡単にお金を貸してくれる金融業者のことです。
銀行での借り入れや、クレジットカードなどは審査に時間がかかりますが、消費者金融なら、当日審査で当日融資が 基本になっています。
消費者金融と他の金融業者はどうちがう?
消費者金融のほかに信販会社、クレジット会社、銀行などの金融会社があります。消費者金融はその中でも、金利・貸付限度額は他業態と変わりませんが、与信面・返済面・サービス面などでは優位に立っています。例えば、自動契約機などで土・日・祝日でも申し込みが可能です。銀行などの時間外手数料に相当するものも不要です。ただし、審査が通りやすい分、落とし穴も多く借金を抱えてしまったという話も良く聞きます。その場合は、任意整理も考える必要が出てくるでしょう。
女性専用とはなんですか?
従来、消費者金融での融資は、「サラリーローンといって主に男性のサラリーマンの方をターゲットとしてきました。ところが昨今では、社会情勢の変化などから、女性の方のご利用も増えてきました。
しかし、女性の方からは、「お金を借りることに関して少し抵抗が・・・」「男性スタッフに対応してもらうのは何となく不安・・・」といった声もよくあったようです。女性専用キャシング サービスは、こうした女性の声に応えるように誕生したサービスなのです。
女性専用キャシング サービスでは、「応対するスタッフはすべて女性スタッフ」など、女性の方が気軽に利用しやすい環境になっています。
借りるための資格はあるの?
最低限の資格として一定の収入があり、年齢が20歳以上であることでしょう。免許証か保険証などを持っていればほとんどの人がお金を借りることができます。もちろん主婦の方でも夫が勤務していれば借りることが可能です。
入会金や年会費はあるの?
消費者金融を利用する際、入会金などはまず必要ないと思って良いでしょう。
金利計算とは何ですか?
現在、多くの消費者金融の利率は15%〜29.2%と言われています。この利率をもとに、借り入れ元本に対する日割り計算で利息を計算します。
たとえば、10万円を29.2%の年利で30日間借りた場合の計算方法は 10万円×0.292%÷365日×30日=2,400円
となりますね。そして、2,400円が30日後の利息となります。
ちなみに、年利率は法律で29.2%と上限が決められています。これ以上高い金利となることは絶対にあり得ません。
いくらまで借りることができる?
ほとんどの業者の融資額は1〜50万円となっているようです。だからと言って満額の50万円をすべての人が借りることができるわけではありません。人によって上限5万円の人があったり50万円の場合があります。
返済方法について
業者によって多少違いはありますが、以下のような返済方法があります。
返済日(支払日)は決まっているの?
これも業者によって多少違いはありますが、以下のような返済日のパターンがあります。また、返済日を選択できる業者もあります。もちろん、今日借りて明日返すことも可能です。

おすすめWEBサイト 5選


電力のコスト削減が可能です

簡単にプリント基板の作成が依頼できます